2012年07月31日

sponserd link

世界には糖尿病にならない民族がいる・・・免疫力アップ、アンチエージングの為の習慣・運動・食・サプリメントetc.

世界には糖尿病にならない民族がいる・・・免疫力アップ、アンチエージングの為の習慣・運動・食・サプリメントetc.


日本人の糖尿病や糖尿病予備軍の人が増加しています。


平成19年の国民健康・栄養調査によると、「糖尿病が
強く疑われる人」の890万人と「糖尿病の可能性を否定
できない人」の1,320万人を合わせると、全国に2,210万
人いると推定されています。


何故、「疑われる人」と言うのか?


何と糖尿病が疑われる人の約4割はほとんど検査・治療
を受けていないからなのです(厚労省)。


どうしようもなく悪化してから病院に言っても遅いの
です。

糖尿病は知らない内に症状が悪化し、恐い合併症を起
こします。

ご存じのように、失明したり、手足が壊死して、切断
しなければならなくなるのです。


人の歴史はほとんど飢餓との戦いでしたので飢餓に対して
は様々なメカニズムがあり、例えば、摂取カロリーを減ら
すとサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)が働き出し、免疫力
が強くなったりします。


しかし、農畜産業・水産業技術、保存技術の発展により、
飽食の時代に入り、新しい肥満という問題が出てきたのです。


そこで、増えだしたのが贅沢病と言われる糖尿病です。

糖尿病で死ぬ人は年間で1万4千人。


多いですよネ。


糖尿病による腎臓障害で人工透析を始める人は、年間1万5千
人ほどもいます。


さらに糖尿病が原因の視覚障害の発生も年間約3,000人もいます。


人工透析は外来透析で1ヶ月約30〜40万円もかかるとても高額
な治療です。(多くは健康保険法を根拠規定とした医療保険の
「高額療養費」の特例である「長期高額疾病」が適用になるの
で、1ヶ月に1万円)。


しかしながら、人工透析は一般的、平均的な「週3回・1回4時
間」です。考えただけで辛いですよネ。


このように一度糖尿病発症しますと合併症だの人工透析など
人生が非常に辛くなります。


食生活と定期検診が大事です。


面白いことに、世界には糖尿病にならない民族がいます。
(続く)

posted by 免疫アップアンチエージングマン at 22:33 | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。