2011年09月28日

sponserd link

日本の伝統食かつお節の成分にダイエット効果・・・免疫力アップ、アンチエージング


日本の伝統食かつお節の成分にダイエット効果・・・免疫力アップアンチエージング


京大の研究チームがかつお節の成分に人間の胃を活発に動かし
満腹感を引き起こす効果があることを新たに発見し、肥満学会
で報告しました。


満腹感は脳内の視床下部にある満腹中枢神経が血中の血糖値
上昇を感知して引き起こし、動物の摂食行動を制御します。


胃を活発に動かすということは、消化が早くなり、血糖値上昇
が早くなり、満腹感を早く感じ、必要以上に食べなくなるとい
うことです。


伝統日本食の健康効果がまた一つ確認されたわけですネ。



ところが、あに図らんや現代日本人はかつお節の消費量は20
年前より30%も減ってしまいました(総務省データ)。


おみそ汁、漬物、鯵の塩焼き、納豆、玉子、のりという朝食
を摂っている日本人はかなりの少数派でしょうネ。


食の欧米化、ファストフードの流行によりかつお節の出る幕
が減ってしまいました。


また、白米をはじめ、何でも柔らかい食べ物を好んで食べる
ようになり、噛む回数が減っていますので、唾液の分泌も減り
満腹感が来る前に大量に食べてしまいがちになっています。


あれやこれやで、日本人は自然と太るような生活習慣になって
しまったんですネ。


今欧米で伝統的日本食がブームになっているということですか
ら、何たるアイロニーでしょうか〜っ!!
簡単に料亭の深みのある美味しい「だし」が!

posted by 免疫アップアンチエージングマン at 11:42 | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。