2010年05月29日

sponserd link

ビタミンC:免疫細胞活性化、コラーゲン生成、活性酸素除去、インターフェロン生成・・一番人気のスーパーサプリメント・・・免疫力アップ、アンチエージング


ビタミンC:免疫細胞活性化、コラーゲン生成、活性酸素除去、インターフェロン生成・・一番人気のスーパーサプリメント


ビタミンC(アスコルビン酸のL体)は一番有名なビタミンです。
そして、一番売れているサプリメントでもあります。


ビタミンCは人間が体内で合成できない物質であるため、外から
摂る(食事や注射、点滴)しかないのです。
※ほとんどの動植物は生体内部で合成できます。


ビタミンCは日焼け後の肌のシミ予防、歯ぐきからの出血、
風邪の予防、回復に効くということで摂る人も多いですよネ。


さて、ここでビタミンCの効能を確認しておきましょう。


●細胞を強くする⇒血管、歯ぐき、内臓、骨、皮膚を強くする

●紫外線⇒皮膚酸化を予防する

●風邪、インフルエンザ等の病気予防、回復

●ガン予防⇒体内での発ガン性物質生成を抑え、抗ガン作用物質生成の促進

●ストレス対策⇒抗ストレスホルモンの生成促進



さて、ビタミンCになぜこのような働きがあるのでしょうか?


1.ビタミンCはコラーゲン生成を促進⇒強い血管、歯ぐき、内臓、
骨、皮膚を作ります。


ビタミンCは、蛋白質の30%を占めるコラーゲンの生成を促してい
ます。


コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ接着剤のようなモノ。


身体の細胞と細胞の結合が弱いと、血管がもろくなって、歯茎
や内臓から出血が起こり死にいたる壊血病に発展します。


また、コラーゲンは皮膚に多く含まれていますので、お肌を健
康に若々しく保つために効果があります。



2.ビタミンCは私たちの細胞を酸化から守ってくれます。

それは抗酸化物質という働きです。老化・病気の原因となる酸化
は、タバコや紫外線、ストレスなどによって発生した活性酸素に
より引き起こされます。


そこで、ビタミンCが代わりに酸化されることで、私たちの体を
酸化から守ってくれるというわけです。


紫外線によるシミ予防・修復にはビタミンCが働きます。



3.ビタミンCは免疫細胞の白血球を活性化

風邪やインフルエンザなどのウイルスを撃退するのが免疫細胞
です。

ビタミンCは免疫細胞の白血球のウイルスを攻撃するNK細胞(ナチ
ュラルキラー細胞)を活性化します。また、NK細胞は活性酸素
をウイルスに放出して攻撃しますが、活性酸素が過剰に放出され
ると正常細胞まで傷をつけてしまいますので、ビタミンCが活性
酸素を無害化します。

さらに、ビタミンCはウイルスで傷ついた細胞の修復のためにコラ
ーゲン生成を促進し、回復を早めます。


4.ビタミンCは発ガン物質の生成を抑え、抗ガン作用のあるインタ
 ーフェロン生成促進します。



5.ビタミンCはストレスに効く。

ストレスが生じると、抗ストレスホルモンであるアドレナリン
という 副腎髄質ホルモンが分泌されます。

それが、血圧を上げ、血中の糖分を増やし、エネルギーを増産、
ストレスに対抗しようとします。


ビタミンCが身体の中で一番濃度が高い器官は副腎です。



以上のように、ビタミンCは重要な働きをしていますが、人は
体内で合成できませんので、体外から取り込まなければなり
ません。



野菜、果物、ハム類、肉(主にレバー)などに含まれていますが、
食が細くなってきますと、十分な量が摂れなくなりますので、
サプリメントで補給した方が良いと思います。


ビタミンC摂取量は厚生労働省によりますと、1日の100mgですが、
これは生命維持するの最低量だと考えましょう。


ビタミンCの効果を期待するのであれば、1日1000mgを摂るのが
望ましいとされてます。


特に、お酒やたばこの習慣がある人、外に出る機会が多く紫外
線を多く浴びる人、ストレスを多く感じる人などは多めに摂った
方が良いと思います。


摂りすぎても、余分なビタミンCは尿に溶けて体外に排出されます
ので問題はありません。
(このことから、ビタミンCは4時間毎に摂る事が推奨されています)


サプリメントを考えていらっしゃる方はとりあえずビタミンCから
始めてみてはいかがでしょうか?
⇒ビタミンCサプリメント

posted by 免疫アップアンチエージングマン at 21:24 | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。