2010年10月30日

sponserd link

免疫細胞はライオン?・・・・免疫力アップ、アンチエージング


免疫細胞はライオン?・・・・免疫力アップ法


健康食品会社の経営者で著述家の斉籐ひとりさんが面白い
ことを言っています。


ガン細胞や細菌、ウイルスを食べる免疫細胞をライオンに
たとえて・・


「あのライオンだって、お腹がいっぱいの時は獲物が目の前
通っても全然獲ろうとしないのでしょ。


それが、一旦空腹になったらどうです?全力で獲物を追いか
けるようになるんです。


ですからお腹が減ってる時間がなきゃいけないの。

日に3回も食べちゃだめなの。

今の人3回も食べるほど働いてないの。

お腹空いている時に体の中の悪い物をやっつけちゃうの。

だから、腹一杯にしちゃだめですヨ。」


免疫細胞も同じように、空腹時に危機を察知して、神経系
内分泌(ホルモン)系が作動し、攻撃力が増します。


このように、体を守る免疫細胞を常に元気にしておくには、
一日のうちに一度以上故意に空腹状態にすればよいのです。


3度3度決まった時間に食事をするというのは、病人が体力
を取り戻すためには必要かもしれませんが、そうでない人
は時間を無視して「腹が減ったから食べる」という習慣に
すれば病気にならない強い体をつくることになります。


断食が体に良いということは昔から言われていますが、
科学的にも正しかったということですネ。


そして、お腹が空いているからと言って、ガツガツ食べる
のは止めましょう。


満腹感を感じる前に食べ過ぎてしまいます。


ゆっくり食べれば最適な食事量で満腹感がやってきます。


「良く噛んで食べなさい」という昔からの教えは正しかった
ということですネ。


【身体革命】サポートつき
寝起きスッキリ、疲れ知らずでエネルギーいっぱいに人生を楽しむ身体に変える


posted by 免疫アップアンチエージングマン at 00:01 | 生活習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。