2010年06月28日

sponserd link

イチロー選手の超運動神経の秘密、足の裏を刺激して、全身の神経を刺激、血行促進、免疫力アップ!!・・・免疫力アップ、アンチエージング


イチロー選手の超運動神経の秘密、足の裏を刺激して、全身の神経を刺激、血行促進、免疫力アップ!!


一時、「足つぼマッサージ」、「リフレクソロジー」など
主に足の裏を指圧したり、マッサージしたりする健康法が
流行りました。


中国・台湾式の「足つぼ」マッサージのあの痛さがクセになっ
て通い続ける人もいます(*^_^*)


日本でも昔から、「青竹踏み」という半分に割った竹を踏む
という健康法がありました。


「リフレクソロジー」とうのは、アメリカ発祥のもので中国
発祥の足つぼマッサージとは関係なく別個に発展したものです。


入院患者がベッドの枠に手の平や足裏をこすりつけて、患部
の痛みを和らげているのを偶然発見した医師が足の裏と身体
の位置との関係を研究・調査して出来上がったのが
「リフレクソロジー」です。


リフレクソロジーは、反射療法とも呼ばれ、主に足の裏(手
の平等を含む場合もあります)の特定部位を押せば体の特定部
位に変化が起こる現象を活用し、疲労の改善などをはかる療
法です。


実際に足裏を刺激すると胃や腸が動き出します。


筋肉疲労の場合は血行を良くして、疲労物質を排出、傷んだ
筋肉細胞を修復するマッサージが有効です。


しかしながら、実際には脳の中や内臓などマッサージしにく
いところが病気になりやすいので、そこの神経を刺激し、血
行を良くするには足の裏の刺激が効果的です。


世界一のバッター、イチロー選手の父、チチローさんが、
少年時代のイチロー選手の足裏を毎日一時間程度、マッサージ
していた話は有名な話です。


脳や身体の神経細胞が発達していく幼児〜少年時代に大量の
刺激を与え、神経細胞の量を増やすとさまざまな感覚がするど
くなります。


スポーツ、芸術、勉強・・etc.などの習得に非常に有利に
なるだろうと容易に推測されます。


脳・内臓を始め全身の神経に刺激を与えることのできる足裏
刺激は免疫アップだけにとどまらない素晴らしい療法である
と言えます。


青竹踏み、はだしで散歩(砂浜、芝生、踏み石、健康遊歩道)、
健康サンダル、マッサージなど、足裏刺激は自分で日常的に
できますので是非習慣にしたいですネ。
⇒「万病にきく足裏マッサージ」etc.

posted by 免疫アップアンチエージングマン at 22:31 | マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。