2010年07月21日

sponserd link

何時に寝ると成長ホルモンが出るか・・免疫力アップ睡眠法・・・免疫力アップ、アンチエージング


何時に寝ると成長ホルモンが出るか・・免疫力アップ睡眠法



成長ホルモンは人が成長する時に骨や筋肉を大きくするホル
モンですが、大人になってからでも分泌され、様々な働きをし
ます。


成長ホルモンは修復ホルモンとも呼ばれ、昼間傷ついた細胞を
修復する働きを持ちます。


また、成長ホルモンは

●代謝促進:炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進する。

●血糖値を一定に保つ。

●恒常性の維持:カルシウム濃度などを一定に保ち体調を一定に保つ。

●体脂肪燃焼:エネルギー不足の状態の時、体脂肪を燃焼させる。

などの働きがあります。


従って、成長ホルモンを十分に出せば、免疫力アップ、健康増進、
アンチエージング、美容、ダイエットにまで役立つというわけ
です。


成長ホルモンは睡眠中に分泌します。


睡眠不足や夜更かしをすると、成長ホルモンの分泌が抑えられ
細胞が修復されず、特に肌荒れなどの症状はてき面にでてしま
います。


また、睡眠・食事・運動などの生活リズムをコントロールして
いる体内時計というものがあります。


体内時計のリズムはサーカディアンリズムと言われています。


成長ホルモンは分泌に2つのピークがあります。


1つはこのサーカディアンリズムで毎日AM1:00前後に
成長ホルモンの分泌がピークになります。


もう1つは入眠後1.5〜2.0H後に分泌がピークになります。


ことから、この2つのピークを考えると、寝る時間はPM11:00
〜PM11:30がベストの時間ということになります。


この成長ホルモン効果をMAXにするには、この時間に寝るよ
うにしましょう!!

posted by 免疫アップアンチエージングマン at 14:42 | ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。